難いところがある

『嫉妬』という漢字には、ご丁寧にも女偏が熟語の両方に施されている。
そのイメージからか寶寶 免疫力
女性の専売特許のように見なすところがある。
実際、女の嫉妬を描いたものには、熾烈なものがある。
「大奥」などのドラマもつまるところ、そんな女の闘いでもある。
ところが、この「嫉妬心」は、女性ばかりが強いと言い。


19世紀のフランスの女流作家ジョルジュ・サンドは、
男装の麗人」の元祖的存在として知られている。
常に男装で葉巻も吹かすといういでたち。
恋多き女性として浮き名を流した人物。
その恋の相手は、
カルメン』の作者で、多くの女性を虜にした色男として有名なメリメや、
小説家として有名だったミュッセ。
そして、音楽家のショパンなど。
いずれも、自由に振る舞うサンドに対して寶寶 免疫力
嫉妬に身を焦がしたのは、これらの男性の方だった。

19世紀の話ではなく、
身近なところにも、男の強よ~い嫉妬が感じられるニュースがあった。
今日、
安倍首相がチリのサンチアゴで、
内閣改造自民党役員人事に関して「女性の積極的な登用に意欲を示した」
というニュースが、日本を駆け巡った。
それを受けて、
次期閣僚のポストを狙う男性待機組50人ほどの男性が
「逆差別だ!母乳 研究」と声をあげたそうだ。
そのホンネを言えば、
登用されるのが女性の率が高くなることに対する男の嫉妬。

どうも、男の方も、かなり嫉妬深い?

*2カ所のブログランキングに参加しています。
↓↓下のアイコンにポチッとお願いします。押すとランキングのページに行きます。お手間ですが戻ってきて、もう一つ下のアイコン(にほんブログ村)にもポチッとして頂ければ、、。